取扱商品:

比類無き技術力はリペアの次世代を担う!

UV HARDENING-TYPE GEL PUTTY

UV硬化型ジェルパテ

樹脂サッシや人工大理石など樹脂製品の割れや
穴埋め補修、またアルミサッシの穴埋め補修に!

UV硬化型ジェルパテは、紫外線の照射エネルギーにより短時間に重合硬化します。
硬化速度が速く、作業時間を短縮できます。
硬化時間90秒
パテセット

UV硬化型 ジェルパテ

UV-LED照射器や太陽光(直射日光)で硬化します。

ピーク波長375nmタイプのUV-LED照射器で硬化時間は約90秒
※専用のUV-LEDライトとのセットもご用意しております。
※ピーク波長が異なるUVライトをご使用されますと、硬化時間が遅くなったり、
 十分に硬化しない場合があります。
火気厳禁
第3石油類 危険等級2
詳細な内容が必要な場合は、安全データシート(SDS)
ご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
用途樹脂サッシ・人工大理石・アルミサッシ・木材・石材
 
容量75ml
製品名 備考
UV硬化型 ジェルパテ -
UV硬化型 ジェルパテセット
ジェルパテ:1本
パテベラ:1本
専用UV-LEDライト:1本
専用収納バッグ:1箱

使用方法

  1. 【素地調整】
    補修箇所をサンドペーパー120番やヤスリ、ルーター等で、足付けの為に地荒らしを します。この時、補修箇所のバリも取り除いておきます。
  2. 【清掃】
    脱脂洗浄処理剤をウエスに含ませ、補修箇所の汚れを拭き取ります。
  3. 【パテ埋め】
    日の当たらない場所でチューブからジェルパテを少量出し、パテベラ等を使用し補修箇所に充填します。

    (キズが深い場合は、1度に厚塗りせず、③④の工程を2〜3回に分けて充填してください。)

    ※チューブからジェルパテを絞り出す際に太陽光に当たりますと、硬化する恐れがありますので注意してください。

  4. 【硬化乾燥】
    UV照射器で照射します。

    (ピーク波長375nmのUV-LED照射器使用で、約90秒で硬化します。)

    ※太陽光(直射日光)でも硬化します。

  5. 【パテ研ぎ】
    硬化後、サンドペーパー等で補修箇所を平滑にします。

    (パテ盛りが大きい場合は、最初にヤスリで研磨し、ある程度平滑にしてからサンドペーパーでサンディングすると、きれいに仕上がります。)

※事前に密着試験を行ってからご使用ください。

注意事項・保管・廃棄

  • 皮膚や眼に触れないように、ゴム手袋および保護眼鏡を着用してください。
  • 吸い込まないでください。
  • お子様の手の届かない所に保管してください。
  • キャップをきっちり閉め、冷暗所にて遮光保存してください。
  • 内容物、容器は都道府県知事の許可を受けた専門の廃棄物処理業者に委託してください。

COLORANT FOR GEL PUTTY

ジェルパテ用 着色剤セット

ジェルパテに色を付けることが可能になりました!

少し手を加えるだけで補修の幅が広がります。
擦れて塗装が剥がれやすいような部分にも最適です。
簡単!混ぜるだけ!

ジェルパテ用 着色剤セット

カラーラインナップ
ブルー
ブルー
オーカー
オーカー
レッド
レッド
ホワイト
ホワイト
ブラック
ブラック
ブラウン
ブラウン
メタリック
メタリック

合成樹脂アクリル塗料

セット内容

・着色剤(7色)13ml × 各1本
・うすめ液(ジェルパテ粘度調整用 13ml)×1本
・パレットシート(PET)×3枚
・スポイト【うすめ液用】(PE)×2本
火気厳禁
第2石油類 危険等級2
用途UV硬化型ジェルパテ用 着色剤
  • 1

    付属のパレットシートにジェルパテを適量と着色剤を筆から一滴出します。

  • 2

    ジェルパテの量に対して着色剤を約2%入れます。

  • 3

    パテベラ等で混ぜます。

  • 4

    補修箇所に充填し、硬化させてください。

注意事項

  • 着色剤の配合量は約2%(ジェルパテが半透明になるくらい)までにしてください。
    着色剤を多く入れ過ぎると、硬化不良の原因となりますのでご注意ください。
  • ジェルパテにうすめ液を入れ過ぎないようにご注意ください。十分に硬化しなくなります。
  • 本製品はジェルパテ用の着色剤です。着色剤のみでは補修にお使いいただけません。

PAGE TOP